ながら洗車

【ながら洗車】のSPLASH&REMOVER/GLASS POLISH(スプラッシュ&リムーバー/ガラスポリッシュ)を紹介【PR】

『ながら洗車』さんのガラス撥水剤とガラス磨き剤のセット「SPLASH&REMOVER/GLASS POLISH(スプラッシュ&リムーバー/ガラスポリッシュ)」を提供していただきました。

ガラスのウロコ、油膜をとり、ガラス撥水ができるセットになっています。

おすすめのポイント
  • 油膜をとりながら撥水コーティングができる
  • 頑固なウロコやワイパー痕、水アカ、しつこい油膜を手磨きで落とせる
  • マイクロファイバーアプリケーターがついている

スプラッシュ&リムーバー/ガラスポリッシュとは

『ながら洗車』さんが発売しているガラス撥水剤とガラス磨き剤です。

油膜をとりながら撥水コーティングができる商品です。

ウロコ・油膜処理は、プロにしかできない大変な作業の1つでした。

しかし年々ケミカルも進化し、ウロコ・油膜クリーナーなどによって窓ガラス処理が比較的簡単に作業することができるようになりました。

それでも完全に落とすには高度な研磨技術が必要で、まだまだ一般の方が手軽に処理をできるようになったとは言えません。

そんな状況を打破すべく、開発したのが「SPLASH(スプラッシュ)&REMOVER(リムーバー)」です。

付属のGLASS POLISH(ガラスポリッシュ)とマイクロファイバースポンジがあれば、誰でも簡単に窓ガラスについたウロコ状の汚れや油膜、ワイパー痕を簡単に除去することができ、さらにその後のメンテナンスも、洗車後にスプラッシュ&リムーバーを吹きかけるだけで、さらなる油膜の追撃を防ぐことができます。

そして、「油膜処理をシンプルに」という名目で、どなたでも簡単に施工できるよう設計いたしました。

是非本商品をお使いいただき、油膜処理は大変というイメージから簡単で楽しいというイメージに変わったら幸いです。

出典:SPLASH&REMOVER/GLASS POLISH商品説明書

詳しくはこちらの動画で↓↓

『ながら洗車』さんは自社製品の紹介、使い方以外にもカー用品店で売っているコーティング剤などを使って洗車、コーティングをしている動画もあるのでとても参考になります。

商品内容

  • SPLASH&REMOVER(スプラッシュ&リムーバー)120ml
  • GLASS POLISH(ガラスポリッシュ)60ml
  • マイクロファイバーアプリケーター(黄)2個
  • マイクロファイバー 薄紫 1枚

スプラッシュ&リムーバ/ガラスポリッシュの使い方

1パネル毎に施工してください。

手袋着用を推奨

スプラッシュ&リムーバ/ガラスポリッシュの使い方

  1. 窓ガラスを洗う
  2. ガラスポリッシュで磨く
  3. スプラッシュ&リムーバーで磨く
  4. メンテナンス

①窓ガラスを洗う

Degreasing shampoo(ディグリーシングシャンプー)で作ったマルチクリーナがあればガラスだけ洗うのも楽です。

②ガラスポリッシュで磨く

ガラスポリッシュで窓ガラスの油膜などの汚れを落とします。

1.「ガラスポリッシュ」を濡らして固く絞ったマイクロファイバーアプリケーターに塗布する

中央部に5㎝四方の円を描く程度

2.ガラス1パネル毎に溶剤がなくなるまで手数多く磨く

水が弾かなくなるまで磨く

3.磨いたガラスを脱脂シャンプーやカーシャンプーで洗う

ワイパーの下などに溶剤が残っている場合があるので注意!

4.洗った箇所を拭き上げる

水滴が残っていると「スプラッシュ&リムーバー」が定着しにくいです

③スプラッシュ&リムーバーを塗り込む

1.使っていないマイクロファイバーアプリケーターの四隅に「スプラッシュ&リムーバー」を8プッシュ吹きかける。

2.50㎝四方で四角を描いて縦横で隙間なく塗り込む。

3.1パネル塗り込み終わったらマイクロファイバー薄紫で拭き上げる。

施工後30分で8割ほど定着しますが、水に触れない状態で1日置くと完全定着します

④メンテナンス

2回目以降は「ガラスポリッシュ」で磨く必要はなく、洗車後に「スプラッシュ&リムーバー」を塗り込むだけで軽度の油膜を落としながら撥水コーティングができます。

2回目以降は「スプラッシュ&リムーバー」を窓に直接吹きかけてマイクロファイバーで拭くだけでもOK‼

注意点

耐久性

環境にもよりますが、1~3ヶ月程度です。

水弾きが悪くなってきたら再度施工しましょう。

おすすめは1ヶ月に1回施工

使えない箇所

ボディ、メッキ、アルミ、ゴム等には使えません。

ついてしまったら素早く濡れてるクロスで拭きとる

マスキング推奨

「ガラスポリッシュ」がボディなどに付着しても、すぐに白化したり、脱色することはないですが、長時間放置すると影響がでる可能性があります。

マスキングテープで養生するのがおすすめです。

自分は養生するのをすっかり忘れていました

手袋をつけて使用

手袋をつけて使用してください。

成分の「イソプロピルアルコール」により、手が荒れる可能性があります。

特に肌の弱い方や、傷がある方などは注意しましょう。

乾式で施工

「ガラスポリッシュ」は研磨力の強いガラス磨き剤です。

乾式で施工するとガラスに傷がつく可能性が高くなるので注意してください。

濡らしたマイクロファイバーアプリケーターで磨くのがリスクが低い

単品発売

すでに他の製品を持っていて「スプラッシュ&リムーバー」もしくは「ガラスポリッシュ」どちらかだけでいいという方もいると思います。

「スプラッシュ&リムーバー/ガラスポリッシュ」は単品発売もあるので、必要な商品だけ購入することができます。

マイクロファイバーアプリケーターだけの商品もあります。

まとめ

『ながら洗車』さんの「SPLASH&REMOVER/GLASS POLISH(スプラッシュ&リムーバー/ガラスポリッシュ)の紹介でした。

フロントガラスの汚れや油膜は前方が見えにくくなったり、夜間対向車のライトが乱反射するなど大変危険です。

「スプラッシュ&リムーバー」「ガラスポリッシュ」を使用することで油膜やウロコをとりのぞき、撥水コーティングができ、フロントガラスを綺麗に保つことができます。

また撥水コーティングにより、雨の日の視界も格段に良くなります。

特に「スプラッシュ&リムーバー」は油膜をとりながら撥水コーティングができるのであまり手間がかからず施工できます。

フロントガラスなどの撥水コーティングをしてみたい方は一度ためしてみてください。

「ガラスポリッシュ」はちょっとつかれます(笑)

最後に『ながら洗車』さんの商品を紹介するときはいつも言っていますが、Amazon以外で売っているものは、およそ1.5倍ぐらいの料金で売っているので注意してください!!

Amazonで買うときも販売元が「ながら洗車」なのを確認!!